アレルライトハイパーの比較調査

アレルライトハイパーとアレルケアはどっちがいいの?効果を徹底比較

投稿日:2018年3月18日 更新日:

アレルライトハイパー アレルケア

眼のかゆみや鼻水など「花粉症」辛いですね。

私も頭がぼんやりして仕事や家事などが億劫になって、毎年花粉が飛ぶ季節になると憂鬱になります。

日本人の約25%の人が花粉アレルギーを持っているらしく、とても多くの人が悩んでいる国民病なんですよね。

カルピスから販売されているアレルケアは、花粉症にも効果があるといわれている乳酸菌サプリです。

日清食品のアレルライトハイパーも花粉症に効果があると言われていますが、どちらが良いのでしょうか?

ここでは、「アレルライトハイパー」と「アレルケア」はどこが違うのか、どちらが良いのか調査してみました。

もしどちらを購入しようか迷っている方は参考にしてみてくださいね!

初回限定56%OFF!1,980円(税別/送料無料)

【アレルライトハイパー】の公式サイト

※最低購入回数の制限なし/いつでも解約OK

アレルケアの成分と効能

アレルケア

まず、アレルケアの特徴について見てみましょう。

L-92乳酸菌を使用

アレルケアに使用されている乳酸菌は、ヒト由来の乳酸菌「L-92」と呼ばれるアシドフィルス種です。

カルピス社が創業以来取り組んできた発酵乳の研究から発見された、カルピス社独自の乳酸菌なんです。

スーパーでもよく見かける「守る働く乳酸菌」はL-92乳酸菌が手軽に取れる売れ筋商品となっています。

守る働く乳酸菌

 

L-92乳酸菌ってどんな特徴を持っているの?

アレルギー症状は人間に本来に備わっている免疫機能が過剰に反応し、正常な細胞の機能を妨げててしまうことによって起こります。

アレルギーの症状が出る原因の1つに免疫細胞が崩れることがあるのですが、L-92乳酸菌には免疫細胞の働きを整える作用があるとされています。

L-92乳酸菌に期待できる効果って?

L-92乳酸菌は免疫細胞を活性化させてくれるので、花粉症だけなく様々なアレルギー症状への効果が期待できます。

具体的な症状とL-92乳酸菌の関係を探ってみましょう。

アトピー

カルピス社の検証では、L-92乳酸菌を使ってアトピーを持つお子さんを対象に症状の観察を行なったそうです。

L-92乳酸菌を8週間飲み続けた結果、多くのこどもの症状改善や、かゆみの減少がみられたという実験結果があるそうです。

花粉症

L-92乳酸菌は花粉やダニなど異物が体に侵入すると過剰反応してしまうTh1とTh2のバランスを整えてくれるという報告があります。

さらに、増えすぎたTh2を自然に消していく効果もあるようで、花粉によるアレルギー症状、鼻炎の緩和が期待できます。

インフルエンザ

L-92乳酸菌は、免疫力を高めることでも有名で、インフルエンザの感染を抑制することも認められています。

風邪などのウイルスが体内に侵入してきても、体がウイルスに勝つチカラがつくのですね。

アレルライトハイパーのT-21とL-92乳酸菌

カルピスのアレルケアには花粉症対策に効果的な「L-92乳酸菌」を配合しています。

一方で日清食品のアレルライトハイパーにも花粉症に効果が期待できる「リフレクト乳酸菌T-21株」が使用されています。

それぞれの違いを見てみましょう。

L-92乳酸菌

L-92乳酸菌はIgE抗体を抑制する作用を持つヒト由来の乳酸菌です。

IgE抗体はアレルギー症状を引き起こすといわれる抗体なので、それを抑制することで花粉症の症状を緩和させます。

また、カルピス社が商標を持っているため、カルピス社の商品でのみ摂取できます。

リフレクト乳酸菌T-21株

一方、リフレクト乳酸菌T-21株は日清食品が保有している植物由来の乳酸菌です。

乳酸菌と言えば、動物性のイメージが強いと思いますが志賀高原のツルコケモモ(クランベリー)から発見した植物性の乳酸菌なんです。

そのため、とても優しい乳酸菌なのでアレルギーを持っている人でも安心して飲むことができます。

T-21株にはアレルギーを抑制する「インターフェロン-γ」を増加させる作用があり、花粉症や通年性鼻炎の症状を和らげる効果があるとされています。

L-92乳酸菌とリフレクト乳酸菌T-21株はそれぞれ作用が異なりますが、どちらも花粉症の症状を緩和するという効果があります。

アレルライトハイパーとアレルケアの比較表

アレルライトハイパー

次にアレルケアハイパーとアレルケアの商品としての違いを表にまとめてみました。

アレルケアアレルライトハイパー
乳酸菌の種類L-92乳酸菌リフレクト乳酸菌T-21株
キャッチ
コピー
刺激、敏感、デリケートに
悩んでいる方に
たった2粒でヨーグルト50kg分の乳酸菌
効果を感じ
られる期間
HPに記載なし
口コミで1ヶ月〜6ヶ月
HP表記あり 1ヶ月〜
対象年齢全年齢対象小児(2歳〜12歳)は対象外
食品添加物なし
(植物油のみ)
なし
アレルゲンアレルゲンフリー
表示対象27品品目
アレルゲンフリー
表示対象27品目
商品ドリンク・タブレット
子ども用タブレット
タブレット
値段
(タブレット)
30日分:2,100円(税込)
送料無料(クロネコDM便)
1日あたり70円
30日分:4,600円(税抜)
送料無料
1日あたり153円

初回限定56%OFF!1,980円(税別/送料無料)

【アレルライトハイパー】の公式サイト

※最低購入回数の制限なし/いつでも解約OK

アレルケアとアレルライトハイパーの特徴と違い

アレルケアとアレルライトハイパーは、どちらも乳酸菌を使った花粉症対策サプリメントです。

同じところ

アレルケアもアレルライトハイパーも、刺激・敏感・デリケートに悩んでいる方向けの、カラダの中からバランスを整えるサプリメントとなってます。

両方ともアレルゲンフリーで、どちらもインターネットだけで販売しています。

楽天やAmazonで販売している商品はほとんどが転売品なので注意してくださいね。

違うところ

乳酸菌の種類

一番の違いは、使用している乳酸菌です。

  • アレルケア:L-92乳酸菌(ヒト由来)
  • アレルライトハイパー:リフレクト乳酸菌T-21株(植物由来)

どちらも敏感・デリケートをカラダの中から整える乳酸菌です。

どちらが優れているということはなさそうで、体質に合うか合わないかが重要のようです。

1日に摂取できる乳酸菌の数

また、1日あたりに摂取するタブレット・ドリンクに入っている乳酸菌の量が違います。

アレルライトハイパーは2粒で5,000億個の乳酸菌が摂れるので、乳酸菌の数においてはアレルライトハイパーの方が優位です。

子ども用の商品あり

アレルケアには、子ども用のタブレットがあります。

一方、アレルライトハイパーは小児(2歳〜12歳)は服用を控える注意書きがありました。

アレルライトハイパーは基本的に大人用として作られている乳酸菌サプリですね。

効果を実感するまでの推奨継続期間

また、実際に効果を感じれるまでに試す推奨期間は、以下のようになっています。

  • アレルケア:1ヶ月〜6ヶ月くらい
  • アレルライトハイパー:1ヶ月〜

どちらも長く飲み続けなければ効果を実感できないということでしょうね。

結局、アレルケアとアレルライトハイパーはどっちが良いの?

アレルライトハイパー

結局、このアレルケアとアレルライトハイパーを比べたとき、どちらが良いんでしょうか?

私としては、リフレクト乳酸菌が入っているアレルライトハイパーの方が良いと思います。

その理由としては、やっぱり植物由来の乳酸菌なので体に優しく、安心感があるというところですね。

-アレルライトハイパーの比較調査

Copyright© アレルライトハイパーを徹底検証 , 2018 All Rights Reserved.